« 初樹の自虐ラジオ#1 | トップページ | オカシイ理由その2? »

2007/08/22

オカシイ理由その1?

周知の事実ではありますが、わたくし初樹は
アタマがオカシイ人として日記を書いております。
それを如実にあらわすことを長文にて失礼して
記そうと思う。

今日の夜、じえーたいきちの方で花火があった。
会社帰りの夜だった。
かなり距離が近く、先日川原で見た花火よりも迫力があった。
なのでマンションから夕飯を食べつつ見ようと思って
コンビにまで歩いていった。

しかし、コンビニにつく直前で花火が盛大に連発した。
終わりを予感させるように。
案の定、コンビニから出ると花火は終わっていた。

さらに追い打ちをかける。雨だ。
小雨が振り出してきた。
帰途につく人々。
浴衣をきた女性たち。自転車に乗って帰る小中学生、高校生たち。
彼らの話題はおそらく花火のことであろう。
その中で自分がコンビニの袋を提げながら
一人で帰っている。寂しい気分になった。

こんな時、彼女がいればなぁと思った。
不意に携帯を取り出して、お決まりの相手に電話をかける。
そこで自分は泣き言をいうだろう。いつものことだ。
花火があってさ、うん、まぁ、その中一人で帰るっつーのは
さみーしっすわ。あー、社会人なんてなぁ、なんて。
寂しがりやで甘えたがりなボクはそうしてやまない気持ちになる。


と、幻想に身をおきながら現実に戻りふと思う。
そんな男の相手って女性からしたらめんどくせぇよな、と。
彼氏とはいえこんな女々しい泣き言はいかがなものか。
と自分ではそう思う。
なので、寂しい思いを押し殺して電話をかけない。
けど言いたい気持ちが後を引き、のちに彼女と会ったときに
言いたいことが言えなかった事実が、微妙にスキマを生み、
勝手に自らが得た不信感でダメになる、気がする、よ?

じゃあどないせーちゅーねん。
自分が得た答えはこう。
どんな泣き言を言っても甘えられる女性が彼女。
それがベストなんじゃね?


その答えを得て、こう思う。
そんな女性は稀有な存在だし、
もしいて彼女にしたとしても、自分はこう思うだろう。
甘えるばかりの自分が彼氏でいいのかと。
彼女はかまわなくても、自分がそれで負い目を感じるのは必然。
それで微妙にスキマを生m(rywww


だぁー!!くそめんどくせぇオトコだなっ!コイツ!!
そう、こういうめんどくさい男なんですよ、初樹は。
それにしたってネガティブすぎじゃね?コイツ。


でも、ぜんぜん大丈夫。こうパターンを妄想して、
ダメな選択肢を選ばないように自分を鍛えるだけ。



あー長かったね。言いたいことを零れることなく
伝えるのにスキルが足りないので長いね。
だからラジオのフリートークもなげぇんだよ!!
あー次のラジオは謝罪から入るかね。

|

« 初樹の自虐ラジオ#1 | トップページ | オカシイ理由その2? »

コメント

それを女々しいとか考えるからいけないんじゃね?女々しいか女々しくないかは客観的に見ての結論だし、私は特に女々しいとか思わないのだがww(ぇ
本能に忠実でよろしい(´-ω-)ヾ(´д`*) て感じ?
て言うか「彼女」だったら甘えられる存在と言う事で普通だと思うのだが。。。
だって逆も然りでしょ?

投稿: 零 | 2007/08/23 00:45

> 零
うぉwwガチ返信ありがとー
反応をここで返すには長いので
また明日にでも長々と書きますー
どーもです。

投稿: 初樹 | 2007/08/23 00:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173402/7638427

この記事へのトラックバック一覧です: オカシイ理由その1?:

« 初樹の自虐ラジオ#1 | トップページ | オカシイ理由その2? »