« 三種の神器 | トップページ | ばぐった »

2008/07/24

叙情的になった時の記事ほど面白くなく面白いものは無い

そういえば、今週末は花火大会があるんだって。
そういえば、今日土曜の丑なんだって。


もう、ヒトゴミの中に行くなんて嫌だ。
友達と行きたくても、みんな忙しくていけないなんて、社会人は嫌だ。
別の空いてる友達と行っても、付き合うには心に余裕がいる
人たちを友達とよんでいるのも嫌だ。
行かないなんてもっと嫌だ。
もともと花火大会なんて無ければいいやと思うのもっと嫌だ。


嫌だ嫌だと子どもみたいに駄々をこねる。
いくつ、なんだよ、あんた。


ああ、いつまでたっても子どものわがままを持ち続けて。
我慢するな、なんてどれを我慢しないようにするのか、
お手本を見せてよ。
結局あなたたちは、ちょ、それは我慢しろよ、なんていうの。
結局あなたたちは、わたしのことなんてちっとも。
分かってなんてない。


自分の夢見る普通を描けない。
病的な私を天国に連れてって。
普通で溢れてどう足掻いても普通でしかいられない
そんな星に連れて行って。
個性は大衆に淘汰されるぐらいならいらないの。
普通の子でいたいの。
嫌われたくないの。

嫌だ嫌だといいながら。
一番他人に拒否されたくない自分。

いいじゃない。私をお姫様みたいにエスコートしてよ。
孤独で生きられぬのに、生きるには傲慢さが必要。
そんな自分をどこかへ帰してよ。



こんな歌があってもいいじゃない。
Never world is mine.
Fly diseased me to the heaven.
0と1のデジタルな人間は困られる様相を呈しているよ。

花火大会、今年いけっかなぁ。

|

« 三種の神器 | トップページ | ばぐった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173402/22522299

この記事へのトラックバック一覧です: 叙情的になった時の記事ほど面白くなく面白いものは無い:

« 三種の神器 | トップページ | ばぐった »