« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の6件の記事

2008/08/28

対岸の火事

名前は知ってるけど、中身までは知らない。
ネタは知ってるけど、元ネタは見てない。

マクロスF!!、シェリル!!、ランカ!!ってな感じで
アニメを見ていないけど知ってる人っていると思う。
今日は偶然そう書かれている記事を多数見かけた。


自分はたまたま、ほんの運命の差異で、
見ることができる環境があって、
マクロスFを見る事が出来ているくせに、
なぜか歯がゆい気持ちになったりする。
あぁ、なんて言ったらいいのかしらんww

続きを読む "対岸の火事"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/08/26

いき遅れるってホント?

ゲーマガ最新号を買いにいかねばならんだろうか。
結局決めるのは自分。悩むぜ。
8月30日に次の号が出てしまうから急がねばならぬ。


彼の御姿を保存するのかい?
う~、、乃木坂春香的な悩み、葛藤。
ただ、乃木坂春香ほどルックスもよくなく、
才色兼備、文武両道、良妻賢母という熟語が
当てはまるわけでもない。
ので、悩む必要もあるまいて。Q.E.D、証明終了!!


……本当か?
モンハンの攻略記事もあるから買ってこようかな。


ところで、結婚していない人が、
結婚前にウェディングドレスをきると、
いき遅れるって迷信ですよね??

ウェディングドレスモデルとか、
着まくりだから、もはや結婚が出来なくなるよね。
その理論だと。
人に、よる、よ~な、ねぇ?
しかし、正直言うけど、ウェディングドレスは、
何か特別な威力とも言えるものを
秘めているとオレは思うよ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/08/25

逆上がりは小学5年生ぐらいでできたという美化された記憶

残業80時間は働きすぎで、
残業106時間超で不整脈で亡くなった方は労災として、
過労死と国が認めたそうですよ。

ァハハハハハハ( ゜∀゜)八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

おれらどんだけやねんっ!
つっこんじゃったい。


人に、よる、ね?
作業内容にもよるし、ね?
ホワイトカラーはさる法案により、労働基準が変化しそうですし。

戯画が今度出す、出した?さかあがりハリケーン買うか。
まじでじま。


さかあがりって小学校の高学年のときに
できた記憶があって、運動音痴だなぁ(運動なのに音痴とはいかに)
と思っているんだけれども、
実は中学生ぐらいのときに安定できるように、
なったんじゃないかと思ったりもする。
いまだに逆立ちできんしねっ!!
まったく、疲れを癒すには、ゲーム、です、よ、ね?
もう、末期か。おれ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/08/07

ガングリオン??

なんか気づいたら、手の甲にしこりができますた。
右手の中指と薬指を動かすと、しこりが上下しますwww
普通のときは痛くはないんだけど、
あんまりぐりぐり、自ら圧迫させると妙な気分に。


何?仕事のしすぎ~?
休めって啓示ですよ~、これ。(キモ


たぶん、2時間耐久ステップマニアのせいだな、うん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/08/06

淋しさ

今日も帰って秒速5センチメートルを見ようと思うんだけど
あんまり見返すと感動が薄れて、
つまらない作品になったりしないか怖くない?
あ、こ…怖くないですか。そうですか。


秒速5センチメートルはただでさえ短いんだから、
感情移入と感動へのいたるスピードが遅くなると、
駄作になりやすそうです。
う~ん、なんでこれ、面白いって言ってたんだっけ?
確かにこのへんはいい感じだけど、う~ん、みたいな。


作品が終わりを迎えてしまうというのは、
喜ばしいことでもあり、少しさみしくもある。
宵闇幻燈草紙が終わり、かしましが終わり。
自分を築いてくれたモノが、先の未来を描くことは
もうなく新しいアナタたちに会うことはない。

親しい友人が目の前で華やかに散ってゆく感覚。
つーか死ぬんじゃなくて、二度と会えない卒業みたいな。


自分のバイブル、EDENが最終巻を迎えました。
また生きるクスリを失った感じです。
次は、ガンスリンガーガールだろうか。
ラストイニングも終わりを迎えてしまうだろう。


僕はいつか大切な人がいなくなるそのときに
笑っていられるだろうか。キチンと送り出せるだろうか。


なんか、アホっぽいのが、娘が結婚するとき、
どうする?ライフカードみたいな、妄想してんのね。
アタマがオカシクて困る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/03

だらだあ~

ちょっと、ギター練習してくるわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »