« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の7件の記事

2008/10/23

結果どうしようもない

・大二病にありがちなこと
最後のヲチにワロタwwwwwwww
はいはい、わかったよ、しょーがねぇーだろっ
レッテル自覚してるのを他人に指摘されると、
腹が立つのはゆがんだプライドが高いからですね。わかります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/10/16

誤解、、、か?

あたし彼女。
賞を獲得したケータイ小説です。
いきなり私情ですが、カタカナで書くと頭が悪く見えるよねっ


独特な口語に近い文体とケータイに特化した行間、表現方法。
また設定も世界観も比較的ケータイに馴染み深い世代で、
感情移入というか、読みやすいらしいもの。


2ch類とかでも話題に上った作品。
皆さんは読みましたか?



おりゃあ、5ページで脱落しました。
彼氏?

いないわけない、みたいな。

年?

23歳。


とかね。小説をなめトンのかと小一時間問い詰めたい。
これを小説と認めるのはマジ無理だろ、おい。
と思ったよ。賞金200万。
川上稔に謝れ!1巻だけで上下、1200Pの新作に謝れ!


でもね。ラノベってゆとり乙wwwみたい純文学の人に言われながらも、
筒井康隆氏がラノベ雑誌のファウストに参戦とかあったりね、
ラノベも一文化、一ジャンル、一文学となってきているように感じられてね。
将来的には、ラノベスキーなオレが、スイーツ乙wwwとか言ってるこの小説がね、
また一文化、一ジャンル、一文学を担うことになるんじゃないかと。


そう感じた人がどう感じるか。
日本オワタwwwとか言う人もいるでしょうね。
正直オワタwwwと思ったよ。


しかし、ろくに読んでないのに批評してあまつさえ卑下するのは
どうよ?第一印象から人を嫌い続けるもんだぜ?それって。
ま、ぶっちゃけ、第一印象大事ですけど。
現代っ子風に第一印象をとってみたらこうなった、って感じですかね?


なので、まぁ読んでみなきゃ話が始まらんのですが、
どうにも、あの行間と、みたいな。のせいで読めない。


そんなあなたにオススメ!
「あたし彼女」現代語訳


これでまぁ、ちょっと読んでみたわけでさぁ。
うん、読めるし、ちょっと、アリ、かな、と。
話自体はどこかにありそうな愛?恋?のカタチですが。
物書きが違えば、半分の月が~とかみたいにはなるだろうし、
超短編ものとしてやってけなくもないわけですよ。
現代語訳版ならそこらの文庫にあってもおかしくない。


ケータイ、ゆえの、結果。ですかね。
自分は文庫しか読まん、読めんのでなんともですが、
ライフスタイルも普通とは違うことを自覚しているので、
移動が主に電車とかの人は好都合、しかもそういう人って
案外、多い、ってことなんでしょうね。


でもこういうのって今、需要があるからだよなぁ。
需要がなくとも受け入れられるものってないんかね。
第三次は需要があってなんぼか。しゃあないね。
小説を書きたくなってくるね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/10/15

むきゅぅ

無休半確定。
合コン??なにそれ?そんなイベントないですよねぇ~~。
夢や幻を語る前に現実見なきゃ♪
11月からの予定が未定になったよ。喜ばしいね。
10月末までは無休だとほぼ思われ。
さようなら、下界。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/13

約23cmのフィギュアを持つ男

2.5次元をとるか、3次元を取るかという話ですね?わかります。


とりあえずフィギュアに絡めてパターンを列挙。

1.フィギュアとかぜんぜんおk。
2.大きい女の子のフィギュアまで行くのはちょっと…
3.フィギュア自体、ちょっと、ねぇ?
こんなもんですか?

もっと上を目指す・細分化すると、
改造はちょっと、魔改造はちょっと、エロキャストオフはちょっと、
ジオラマつくっちゃうのはちょっと、ガンダムとかはいいけど、
女の子のフィギュアはちょっと、とかちょっと、ちょっとちょっと!ですが。
(古い


幅広く女の子と付き合えるよう、パイを広げるか、
自分の矜持を貫くか。矜持ってほどでもないか。
まぁきっと本質はそこじゃない。
愛した人がたまたまフィギュア好きだった。
そういうものが、愛、ですか・・・。

フィギュア好きだから愛せないのは、愛じゃないってことですか。
まぁ納得できそうな話で、愛って偉大だなぁ!ケッ!!と思うよ。


まぁ死ぬほど悩んで、後悔しとけ!オレ。
さすがに23cmはオレでもひくわ。
でもちょっとほしいの!悔しいけどビクビクしちゃう!!


ここも分水嶺。きっと買うと2体3体って増えてくよ!きっと。
今伸ばしているヒゲのそり時ぐらい悩む。



まぁ初樹さんはね、最近萌えっていいよねと認識して是認しつつあるので。
買っちゃってもいいんジャマイカ!?
最近のトレンドは妹です。
これはホントに痛いですね。ええ。
次回は妹の話でもしますか。いたいいたい。
ラジオで一人で妹萌えいついてでもしゃべってればいいよ!!
このブタめ!ブタ箱にでもいっちまえ!
とののしられたい気もまんざらないではない初樹でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/10/08

2828

昔、恋するハニカミってTBS系列?でやってた番組があって。
今もあるかも知れんけど。
芸能人の男女がまぁ、ほぼ初対面な感じで、
初々しくデートをする番組があったのですよ。
なんか、その前番組もあった気がするな。


スタッフとかが場所、シチュとか指定して、
仲間内の罰ゲーム的なイチャイチャしちゃう恥ずかしいものを
二人でやってビデオでとったりしてまぁ恥ずかしい!
みたいな番組。見てるこっちが恥ずかしい!きゃぁ!!みたいな。


まぁ、あんまり好きじゃなくてね、この番組。
なんで他人がいじらしいのを見せ付けられねばならんのかと。
イヤガラセですか?これ。ハニカミってなに、おいしいの?


でもね。まったく同じようなものの番組っていうか映像があるのですよ。
京四郎と永遠の空っていうOVAがありましてね。
鋼鉄天使くるみ等の作者である介錯氏のアニメなんですが、
OVA第一巻の初回限定版に、インターネットラジオ、
RADIO京四郎のパーソナリティである、
間島淳司氏と下屋則子氏が、まぁ恋するハニカミしちゃう
映像特典がついてましてね。


それを久方ぶりに見ると、まぁ、そりゃニマニマしちゃうわけですよ。
則ちゃんのお父さん視線?みたいな。あたし彼女、みたいな。


声優だからかなぁ?やらせ感がないからかなぁ?
ラジオを長々と聴いてきて愛着がわいたからかなぁ?
普通に考えたら、これ、思いっきりダブルスタンダード。


なんだろね?きっと俺以外の知り合いは、
見ても、あー、うん。なる、ほどね……。ってな感じですよ。きっと。


でもきっと見てほしいなぁー。
ちょーほほえましいから。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/10/06

やべぇ、かけねぇ

タイトルどおり、やべぇ、かけねぇ。かけてねぇ。
もー書いてる余裕とかないんだぜ。

日曜書けよ。って正論過ぎて困る。
保健の教科書に大爆笑してたのですわ。
これ。


なぜかネガティブなほうに聞こえるね!絵って大事だね!
心の回避機構は思っている以上に大事なので、
そういうことする自分を毛嫌いしないでねっ!
そういうことする自分を毛嫌いしないでねっ!
大事なことなので二回言って自分に言い聞かせました。


どうでしょう。退行とかやってみたいですねっ!
恥ずかしすぎて悶死しそうですねっ!
by the way。

買う本が減ったよなぁ、と自覚症状は、うそっぽくて。
また樋口さんレベルで飛んでいきました。
常人レベルではないな。


その中で進められそうなのは、
林家志弦のビージェネ!
う~ん、尻切れトンボなのは相変わらず。
音沙汰ねぇなぁと思ってたら、こんなとこで書いてたんか。
クスリとするレベルですかいのう。
彼女の持ち味は、フレッシュなユリ風味ですが、
期待すると一切ない?わけでもないか、でも、うーん。
ジュンジュンみたいなキャラがいねーとな。映えん。


あとはイハーブの生活書いてた、
小路啓之短編集、小さな世界、かな。
相変わらず独特で、あーメルヘンチックなんだけど、
形而上的なニュアンスも秘めてて、でも力がふんわり出る感じ。
きっと俺だけ。これはオススメじゃねぇだろ。
これこそ常人にはオススメできない。
でも普段から、どうして人と普通に話せないのか、
妄想癖で気持ち悪いのかと思ってる人は読むと、
共感できるのかもね。


長くなったので、ここまで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/10/01

近況

珍しく近況を、時たま発生するポエミィで報告します。

最近は外に出るとめっきり風も冷たくなり、
秋を感じさせる日が多くなってきました。

しかし、そんな風情も感じさせないのが職場です。
まったくもって暑い。夏と大差ないというか、
夏は冷房をつけてヒンヤリなのに、
秋めいてきて外が涼しいせいか、冷房がそれほど効いていません。
俺一人がめっきり暑いです。

長袖をめくって暑さに耐え忍んでます。
冷房強くすればいいじゃない。
ごもっとも。

しかし、風邪をひき熱っぽい初樹は、
体を冷やすことを是としませんよ。えぇ。

時折自分の左側にある非常階段の扉が開けば
(ウチの職場は頻繁に非常階段で移動が行われる)
秋のにおいを乗せた涼しい風が、
黄昏をつれてきてくれるのが、
ひとつの幸せでしょうか。

夏のさわやかで広さを感じさせる、疾風とでも
形容できてしまいそうな風もやみ、
時に柔らかく時に厳しくそれでいて、
郷愁と恋慕を嗅ぐわせる風が僕らの前に。

気づけばもう十月。
皆様はどのような秋をお過ごしに、
なるのか、なられるのか。

秋休みってのはないですかね?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »