« シュうセーエキ!-2- | トップページ | 間違えた »

2008/12/27

シュうセーエキ!-3-


タイトルはいかがなものかと思いますが、

アキカン!のオマージュ?リスペクト?作品です。

著者である藍上 陸氏、画・鈴平ひろ氏、また集英社に

迷惑かけちゃ、ダメなんだからねっ!

ひっそりと想像していてたのをちまちま書いていくだけなんだからねっ?

日本語の間違い指摘とかすごく助かるんだからね……。


シュうセーエキ!-1-

シュうセーエキ!-2-




~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*




(わ、笑ったなー!)

「言うに事欠いて、妖精さんって!いつの時代のファンタジーだよ!」

思わず腹を抱えそうになる。ある意味夢っぽいのかもしれない。

(バカにしてるわねっ!じゃあ、私の力を見せてあげる。

 何でもいいわ、願い事を叶えてあげる)

月並みなおとぎ話みたいになってきた。

こうなったら何を言ってもバチはあたらんだろう。



「じゃあ、金。億単位の金を出してくれ」

(……あんたねぇ、これが絵本とかだったら真っ先にバチがあたるわよ?

 それに、出来てもあんたの銀行口座の残金を

 ゼロにすることぐらいしかないわよ)

「なんで、メリットのねぇことしか出来ないんだよ……。

 んじゃあ、地位とか名誉とか」

(ムリ。それぐらい自分で掴みなさい)

「はぁっ!?なんにもできねぇ上になんで説教されなきゃ

 なんねぇんだよ!」

(私は修正ペンの精って言ったでしょ!?

 修正ペンにちなんだ事しか出来ないのよ!!)

「……んじゃ、ここ、間違えたから直してくれよ」

(……役に立ちそうにもねぇなこりゃ。まぁ夢だからいいんだが)

そう、俺はひとりごちた。



嘆息をつきながら、日報表の残業時間の項目を指差す。

(それぐらいならお安い御用よ!任しといて!)

「はいはい、んじゃ頼むわ、って普通の修正ペンと変わらんわっ!」

(きゃっ!いきなり大きな声出さないでよ!見てなさい!

 そんじょそこらの修正ペンとか違うところ見せてあげるんだから!

 それは、そうと、その、あれよ)

「……なんだよ?」

心持ち聞こえてくる声に恥じらいが混じったような……。

右手に持った修正ペンも、身をよじってるかのように曲がっている。

(わ、私にキスしなさいっ!!)

「はぁっ!!?」

俺は今日幾度目かの疑問の大声を上げた。


|

« シュうセーエキ!-2- | トップページ | 間違えた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シュうセーエキ!-3-:

« シュうセーエキ!-2- | トップページ | 間違えた »