« 覚えたぞッ! | トップページ | shock »

2009/03/03

ゲーム製作者として

マーガレット アマリリスというものを知りました。
ステッパーズ・ストップさんの非電源ゲームです。

10ポイントの数値を元にHPとかの各ステータスに割り振って、
各アクションを設定した剣士を作って、
互いにルールに則って戦わせるゲームです。


キャラ絵は自分で作ってもよし。
テーブルトークRPGの感覚ですね。想像せよ、と。
アクション名も自由につけれます。なんというちゅう(いい意味でですよ!!

乱数がないため、完全に思考・考察のもと決着がつきます。
遊戯王、ギャザとかみたいな感覚が近いかも。
詳しくはステッパーズ・ストップさんのサイトで。

絵とか音楽とかSEとかあるわけじゃない。
でも、ゲームってこういうのがいいんじゃないかな。
絵が良かった、音楽が良かった、音の臨場感が良かった、
ストーリーが良かった、あのキャラが良かった、
正直どれもゲームじゃない気がする。

面白く、勝ちたかったりうまくなりたかったり。
スポーツに通じるところがあると思うんだ、ゲームって。
あと対人。

モンスターハンターとかってそういうことだと思う。
絵が綺麗なわけじゃない、音楽が良いわけじゃない。
批判してるんじゃなくて、そこが売れた第一理由じゃなくて。
人とふれあい、勝ちたくて考えたり練習したり、
うまくなりたくて考えたり練習したり、することが楽しくて、
それがゲームの本懐じゃないかなって気づかされました。


また、ゲーム製作者としてこういった企画をしなくなっていました。
ストーリー性、音楽、インターフェース。
そういったものにばかり気が向いていました。
ゲームって失礼な言い方ですが、これぐらいでも出来るんだ、と。

もちろん賛否両論あって然りだと思います。
けど昨今のゲームでRPGが売れないのってこういった気持ちが
少なからず失われてしまっているからだと思います。

ちょっと自分でもこれをモチーフとさせていただき、
一つ考えてみたいと思います。
そして最終的にはiアプリ等で出力できればな、と思いました。

|

« 覚えたぞッ! | トップページ | shock »

コメント

確かにユーザーに合わせる作りが多いかもね。
ストレス社会やからかな。
おれは腕上げたり、考えて何かを解いたりするのに
ストレスを感じるようになってる。
時間に追われてるんだろうね。

これ読んで、ふと思ったわ。

投稿: Phol | 2009/03/04 23:36

>Pholさん
その意見を聞けてよかった。
ゲームはスポーツのようなものだっていうけど、
腕を上げたりするのもストレスになる人だっている。

自分はスポーツをするのも、見るのもスキで、
テニスや、卓球以外は好きです。
テニスとラグビーは見るほうが、、、

あんまり好まない人だっているだろうし、
毎日はちょっととかあると思う。

そうだとすると、マーガレット アマリリスも
スポーツ好きとか嫌いとかに分かれるんだろうね。

モンハンすげぇな。
策を練ることもできるし、
無策でザクザクともやれる。
幅というか懐が広いのも魅力か。

自分は考えない=死というレベルなので、
考えないゲームはちょっとてな感じ。

ストレスマンセー!!www

投稿: 初樹 | 2009/03/05 12:00

スポーツ然り、上達したり、ステータスが上がることに
喜びを感じてたのにな、昔は。
そういう気持ちが腐ってしまったんだな…。

>考えない=死
これは同意できる。
今一度考え直す必要があるな(笑

投稿: Phol | 2009/03/05 12:46

追記。
考え直すってのは、今の自分のことね。

投稿: Phol | 2009/03/05 12:48

アイドルマスターとかは何でプレイできたんだろうね?
考え直す必要があるかどうかはわかんないなー。
風潮でもあるしなんともはや。

投稿: 初樹 | 2009/03/05 18:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173402/28451103

この記事へのトラックバック一覧です: ゲーム製作者として:

« 覚えたぞッ! | トップページ | shock »