« 性格が悪い | トップページ | 一縷の希望 »

2009/10/28

またマジックの話

また、マジックの話。
パーミッションは手札破壊に弱いことに今気づいた。
最近はエスパーパーミッションをメインに据えているのだが、
仮想敵として、ジャンドコントロール、
現実敵として、最近はグリコン、相手に思考中。


グリコンにはまったく勝てなかった、のが現実。
「荒廃稲妻」や「強迫」にカウンターを打たざるを得ず、
キーカードとなる「残酷な根本原理」や
「ニコル・ボーラス」にカウンターを打てなくなり、
ゲームセットしてしまうことがある。
また、パーミッションを成立させるための壁が、
「終止」や「ボーラスの奴隷」で崩壊してしまって、
ビートダウンされて負けるのも多い。


要するに相性が悪いのに、
バランスがーとかカードパワーがとか喚いていたわけだ。
パーミッションは青の特性上、
ハンデスされた後の建て直しが非常に困難。
ハンデス後はたいてい、
ボード上には壁、もしくは弱小クリーチャーが数体、
マナアーティファクト、土地がたくさんとなる。
ボードアドをとるのに時間がかかるので、
ハンデスされるとテンポが落ちるわけだ。
ドロー呪文、特に「思考の泉」など大量ドローがないと、
相手にゆうゆうとフィニッシャーを出されて投了。


「天界の粛清」で「スラクジムンダール」や「ニコル・ボーラス」は
追放できるが、ハンデスされることも多い。
一度「吸血鬼の夜鷲」「マルフェゴール」等に
「天界の粛清」をうった後、「消えないこだま」をされることもある。


メガパーミッションで、勝率がどうか、という感じ。
というわけで、相手がハンデスありということは、
自分は愛ゆえにということになる。
勝ちたいだけならゴブリンスライとかで当たれば
もしくは赤黒ブライトニングでいけばいいので。
「強迫」×2~4
「荒廃稲妻」×4
「ボーラスの奴隷」×0~2
「グリクシスの魔除け」×2
「残酷な根本原理」×1~2
「ニコル・ボーラス」×1~3
グリコン相手にはこれだけカウンターを打たなければならない。
どちらが優位かは一目瞭然だ。
カウンターに「対抗突風」されるかもしれない。
「苦悩火」対策に「急転回」もサイドに必要だろう。
エスパーなのに。


「荒廃稲妻」×4
「大渦の脈動」×2~4
各種PW×2~6
ふむーん、ジャンドのコントロール具合によるな。
ボードアドを優先するようなデッキなら相性はいいかもしれん。
つくづく「謎めいた命令」「熟考漂い」が欲しくなる。
あくまでもスタンダードなので終わってますが。


Zooやゴブリンスライには勝てそうなデッキになったが、
黒単吸血鬼、赤黒ブライトニング、グリコンには
むりくさい。


対人戦だとイオナ様がキャストできません。
ドローが少ないせいですか。
「急使の薬包」を「聖域のガーゴイル」で
使いまわせばいいですか。
現状スフィンクスデッキでがんばろうかなってところです。
理想はドロー・ゴー。

カードが揃ったら公開します。

|

« 性格が悪い | トップページ | 一縷の希望 »

コメント

きょうは破壊したいです。
それで話するつもりだった。

投稿: BlogPetのなる | 2009/10/29 14:23

>なる
gkbrwwww
まじで怖いwww

投稿: 初樹 | 2009/10/29 19:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173402/31975407

この記事へのトラックバック一覧です: またマジックの話:

« 性格が悪い | トップページ | 一縷の希望 »