« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の4件の記事

2010/06/24

ナヤ

根縛りとか、乾燥台地があまってるようだったので、
のこりのレアをかき集めて、ナヤ復活!
そしたら超強いの。
手持ちのキブラージャンクなんか6:4はつくね。
狡猾な火花魔道士が、マナクリ焼きまくるし、
下手したら、バジ首ついて何でもクリーチャー落とせるし、
ジェイスでバウンスされても、速攻もちだから痛くない。

これに復讐蔦入れたらやばくない?
と思っていたらジャンドにもある程度強くて、
荒廃稲妻しだいだった。
昔ながらのランパン群れドラジャンドだから
参考にならないけど。

キブラーに、狡猾と復讐アジャニが超強い。
調べてみたら、タカラトミーのほうのマジックのページで
ナヤが紹介されてた。
現環境のバント系に強いって書いてあった。
まさしくそのとおりだった。

イーオスからナカティルという流れはもう、
使われていなかったけど、3/3が3体でも並べば
もうどうしようもないぜ。
ナカティルバウンスしたってねぇ。
もうバジ首魔道士とか乙。

おもわずキブラージャンクのサイドに、
妄信的迫害、コーの火歩き、審判の日を追加。
審判の日は諸刃の刃だけど、
復讐蔦がある分、分がいい。

ナヤってなんでやめちゃったんだろう。
めちゃお通夜お通夜って嘆いた気がする。
まードラーナと弱者の消耗、迫害者入りの、
黒コンにボッコされたからかなー。

弱者の消耗ぐらいならこわくねぇと思ったけど、
ドラーナ、迫害者はまずいな。
チャリスからそれなら火花魔道士の量によるのね。
当時は火花魔道士サイドだったからお通夜なのかも。
今ならちょいドヤれるかもなー。
ナヤ、がんばるか、とかいいつつ、
今日、ジャンド系カードを鬼買いしたので、
さよならナヤ。ナカティル並べてドヤ顔でもしてなさい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/06/22

6月18日FNM

多色の可能性を見出したい。
そんな5Cビート。
キブラーバントt血編みパルス。

クリーチャー:25
2:極楽鳥
4:貴族の教主
1:硬鎧の群れ
1:前兆の壁
1:コーの空漁師
2:海門の神官
2:聖遺の騎士
4:血編み髪のエルフ
2:イーオスのレインジャー
2:復讐蔦
2:死体の鑑定人
2:失われた真実のスフィンクス

呪文:11
2:流刑への道
2:忘却の輪
1:大渦の脈動
3:精神を刻む者、ジェイス
1:遍歴の騎士、エルズペス
1:ギデオン・ジュラ
1:最高の時

土地:24
3:森
2:平地
2:山
1:沼
2:乾燥台地
4:霧深い雨林
1:新緑の地下墓地
1:竜髑髏の山頂
1:陽花弁の木立ち
2:怒り狂う山峡
2:天界の列柱
1:活発な野生林
1:野蛮な地
1:海辺の城砦

サイドデッキ:15
1:静寂の守り手、リンヴァーラ
1:ジュワー島のスフィンクス
1:カラストリアの血の長、ドラーナ
1:ジャンドの魔除け
2:天界の粛清
2:紅蓮地獄
1:ギデオン・ジュラ
2:クァーサルの群れ魔道士
1:軍部政変
1:バントの魔除け
2:否認

土地とか全般的に何枚か忘れた。
こんな感じだった気がする。
以下、戦歴。

続きを読む "6月18日FNM"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/06/15

ぶっぱる

下ネタを言わないようなキャラと、
秋ノに思われているみたいだったので、
この間の土日に、リンガディンドンで下ネタ連発しといた。
中学生レベルだった。
寝不足だったからだね。

ROEになってから身内でリミテッド負けなしなので、
早く天狗の鼻を折るといいよ。
自ら折りに行くか。
身内意外とドラフトすると容易に折れそうだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/06/01

久しく普通にしゃべる けどカードゲーム

マジックの楽しみ方とかについて
他人のブログを読んだ。

もしかしてベストなのは、どんな相手でも、
どんなデッキでも、勝っても負けても、楽しむということか?

いやー負けたらつまんないし、悔しい。
けどお互いが最高のプレイングできたら、
負けてもすがすがしいしなー。

すると物事全てはって派生しそうになる。
楽しんだもん勝ち。
そりゃそうでしょ。
楽しくなるために、遊んでるし、
生きてるんだから。
Let's pile up はりけーんってところですよ。


まぁ、コピーデッキ・オリジナルデッキ論議
だったわけで。コピーはとかく叩かれて炎上するよなー。

とりあえずそこの善悪は論じないし、考えません。
それで楽しんでいるかどうか。

でもなんか矜持ってのがビルダーにはあるんだろうね。
(自分にも少なからずあります
一手間かけてんだ、思考停止してるコピー野郎め、
考えてるのに何も考えてないやつに負けるとか、
とか。
自分で作ったやつでコピーに負けるのはつらい。
分回っても、ある程度裁いても、
解決策が見えなくて、負け続けるのはつらい。

グッドスタッフですむ問題なら、
いくらでもお金かけてやるよ!
と思ってた時期もありました。

ちょっと勝利という言葉にくらんでて。
本質を見失ってた。
マジックという一種のコミュニケーションを通して、
楽しくなるのがいいと思う。

だから、楽しくしよう、と思う。
コピーだろうがオリジナルだろうが。
楽しくなることをみんなで考えたい。
しかし、お金という問題がなー。
くそー。将棋とかでどうにかなりませんかね?


ボスナヤ。
ボスナヤファイネストバント。
ボスナヤ徴兵バント。
装備品血編み徴兵バント。
という変遷。
もっと楽しくしたいから、
やりたいことをやろうと思う。
勝ち負けより楽しむことが重要。
勝っても楽しくないぐらいなら、
楽しくなる努力をしたい。

相手によるとか言っちゃノンノン!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »