« 間隔空きすぎ | トップページ | 恐怖 »

2010/11/09

三日月の蜜 読了


どっかで見かけた三日月の蜜、ていう漫画。

発売したのかしてないのか、

新しいのか古いのかも不明なまま、

しかも作者も憶えず、出版社も憶えておらず、

あまつさえタイトルさえ朧ろ。

それでも発売日が直近だったらしく、

平積みされているのを見つけて、即購入。





いやー百合でした。

じつは短編集というオチ。

表題の三日月の蜜は、面白かったです。

舞台はまぁありがちですが、

アプローチのしかたが新鮮。

杉さんが半分空気なのもままあれ。



ほかの短編もちょいちょいほろほろしちゃう。

ぽすからよりかは今の心情で読める本でした。

なんか、こう、端から見てるだけでいい、

という感覚が、味わえる、ね。



現実世界ではむーん、反応に困ってしまう人だから、

器量狭い男なので、味気ない返しをするでしょうよ。

想像に難くない。





まだほかにも出版されているみたいなので、

そっちも探して読んでみたいものです。

ほろほろしてて透明感ある感じが好き。





好きって言ってない。長い間。

下手したら心から言ったことはないのかもしれない。

言われたほうはやっぱり泣いちゃうものなのだろうか。

|

« 間隔空きすぎ | トップページ | 恐怖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三日月の蜜 読了:

« 間隔空きすぎ | トップページ | 恐怖 »