« 恐怖 | トップページ | 更新 »

2011/01/06

妄想1


新年、明けましておめでとうございます。

長らく、更新が滞っておりましたが、

これから、妄想したことを順々に小出しにしていく所存です。

今年もよろしくお願いいたします。





昨年末、実兄が結婚をいたしましてね。

身近に感じる場面もこれから増えていくのかな、

というところですが。

自分はどんな感じなのか、

リアルめに想像したいと思います。





と思ったら、お題はあるのに具体例がでてこない。

お題は、

「仲が深まると、軽口を叩けるようになるが、

それがエスカレートしちゃうのが初樹。

ですが、そこを軽くたしなめちゃう嫁」

という限定的な様子ですが、

末尾は想像に難くないですが、

起承転結の起承転がででこない。





嫁「~~~」

初「~~~!」

嫁「~~~~」

初「~~~~」

嫁「ちょっと。それはいい過ぎ」

初「ごめんちゃい」

みたいな流れ。



ちょっとぷいっとしちゃうのがミソ。

半分ぐらいはぷいっとしてるのを見逃すのが、

初樹プロ。

(ぷいっとした視線の先はテレビなり雑誌です)



んでいつもより長めにそっちに視線が、

いっているのを過敏に察して、

初「ねえ」

嫁「うん?」(マグのコーヒーをすする)

初「ねぇ、怒った?」

嫁「怒ってないよ~」

初「ウソ、ちょっと怒ってるよね」

みたいなやりとりが25%の確率。



うっとうしいねぇ、うん。

嫌われるのが、相当いやなんだね。

相手の寛容さによって、ルートが変わって、

(キャパ多め状態):

嫁「怒ってないから、安心しぃや。

しょうがないやつめ」

(キャパ少なめ状態):

嫁「ホント鬱陶しい。いちいち人の顔

かんぐってて楽しいんか!?(イラ」

と、相成ります。





感情的と受け取ると、初樹も感情的に

かえしちゃうパターンが多いので、

別れる、別れないとか言い始めると思います。



……うざいねぇ!

理想入った嫁による対処でしたが、

おおむね、

嫁「wwww(こいつちょっと言いすぎやろ(イラ)」

初「wwww(何も気づいていない)」

でしょうね。

んで鬱積したパンチを受けて、

嫁「いや~普通の右ストレートだったんですけどね」

初「まったくいわれのないパンチを受けました。

事前にジャブとかあったら気づいたんでしょうけど」

な状況が容易に浮かぶ。





さあ、こんな感じで結婚生活で初樹に、

起こり得そうなシーンを書き連ねていくか。

|

« 恐怖 | トップページ | 更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妄想1:

« 恐怖 | トップページ | 更新 »