カテゴリー「初樹」の1件の記事

2009/09/15

初樹 -1-

昔、BB戦士というデフォルメされたガンダムのプラモを集めていた。
おそらくまだ、実家の物置にあるだろう。

実家に帰るたび、母親と捨てるか、捨てようと話をしている。
もうそろそろ捨てられたんじゃないかな、とも思う。

そればかりにお金をかけていたので、心配したか
戒めの意味もこめてか、本当に不思議なのか、
「同じようなもんばっか買って」
と言われたものだった。
決まって「ぜんぜん違うやん!」と反論していた。

最新作の東方のBGMを連日聞いている。
もう妖々夢のような、感動も興奮も今は感じられない。
ZUNの新曲が聞けるのを、非常に楽しみにしていた。

楽しみなのは今でも間違いないのだが、
もうどの曲を聴いても、あれ(過去ZUN曲のどれか)
と同じだなーと思うようになった。

もっとメロディアスな、心震わす旋律が欲しいと願っている。
ラスボスのテーマは、非常にメロディアス。
泣けるようなサビのメロディ。

だが、自分には妖々夢のラスボス、それ以降のラスボス、
Exボスの曲で使ってない部分の音を紡いでいるように見える。

ZUNのコード進行は大抵同じだ。
というかサビのコード進行など、いまやZUNに限らず
数パターンもない。

ZUNがゲーム音楽として終着を目指していて、
メロディアスではないが、雰囲気に合わせて
ゲームゲームしているようにしたのだろうか。

もはや、親のようにどのガンダムも同じように見えてきたのだろう。
こいつは飛行形態に変形するヤツだし、
こいつは主人公機だから、いろいろ装備があるんだ!
色も違うし、モノアイとかでも違うし!

そんな感じで、道中だから、ラスボスとボスは違う、とか。
でも理由をつけて、寛大に好意的に受け止めているように
無理やり信者っぽく振舞っているように感じてしょうがない。

ノリもいいし、格好いい。他にはないZUNらしい曲。
それは確かにあるし、変わってないし、いいと思う。
あらゆるZUNの曲がボーカルアレンジされることへの
挑戦というか皮肉なのかな。

まだ星蓮船のExボス曲は聞いていない。
でも星蓮船のEx道中の曲は、風神録のEx道中ぐらい、
なんか盛り上がりに欠けて悲しい。

好みと違うから文句言ってんだろうかね。
あと音楽に対してメロディーメロディーって
自分自身が固執しすぎだと思う。

年を食ったこともあるのだろうね。
同人なものなのだし、えらそうに享受されすぎです。
ただゲームっていうのはそういうフィールドに
立っているものかなーと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)